カテゴリー別アーカイブ: 今日の献立

今日の献立

ササニシキの親、ササシグレをいただく

10月20日 お昼の時間。
舘野さんの美味しいおかず。そして今回の主役「ササシグレ」
石巻で完全自然栽培の米農家である太田さんのお米を羽釜で炊いていただきました。
羽釜の周りにみんなが集まり、そわそわ、どきどき。
太田さんが蓋を開けた瞬間に白い湯気と共に新米の香りが漂い、思わず歓声が。

131126-6

美味しいご飯に美味しいおかず、そして自分たちで頑張って収穫した食材。
その体験こそがトラベルレストランの醍醐味と言えます。

131126-3

食事を終え、満腹になったところで、狐崎浜を後にして
太田さんの田んぼへと向かいました。

実際にみなさんに食べていただいたお米の生産現場を見学しました。
自然栽培は、化学・有機を問わず一切肥料を施すことなく、もちろん化学農薬も使わずに、ただ大自然の調和から作物を生みだす栽培農法です。
その栽培農法を実践している太田さんの田んぼで実際にお米や土に触れて体感していただきました。

131126-2

自然栽培の土は肌にとても良く、泥パックもできます。
みんなで実際に手につけ、体験しました。

131126-1

次は今回のお茶碗をつくっていただいた、三輪田窯へと向かいます。

<三輪田窯・箸置き作り体験>

第0回いしのまきトラベルレストランを開催しました

2013年10月20日「第0回いしのまきトラベルレストラン」が開催されました。
今回はモニターツアーとして、石巻の地元の皆さんを中心に、石巻の魅力を再発見していただきました。

朝8時半に石巻駅を出発。
まず始めに向かったのは、牡鹿半島の東浜の1つである「狐崎浜」です。
地元の漁師さんの漁船に乗り、牡蠣の養殖場で牡蠣あげを見学しました。

131126-8

その後は地元のお母さんに教えていただきながら
実際に牡蠣むき・ムール貝のひげ取りを体験しました。

131126-7

みんなで頑張ってむいた牡蠣やムール貝を使って、六本木農園の初代グランシェフの舘野真知子さんに
「お米に合う料理」を作っていただきました。
どの料理も地元石巻とはちょっと違う視点で、食材そのものの魅力を地元の人が再発見できるようなメニュー構成にしていただきました。

131126-4

次は自然栽培の米農家の太田さんの紹介です。

<ササニシキの親、ササシグレを羽釜で炊いていただく>

いしのまきトラベルレストランHP開設しました

いしのまきトラベルレストランは、都市部と地域をつなぐ「にっぽんトラベルレストラン」から生まれました。

私たちは石巻だからこそ味わえる食の豊かさを通し、石巻の生産者さんや地元の人々とのつながりのきっかけを創ります。

この「今日の献立」ページでは、いしのまきトラベルレストランのツアーを始め、生産者さん紹介など石巻の「食」をキーワードとして様々な情報を発信していきます。

様々な食の魅力が広がる「石巻」を皆さんにできるだけ感じていただきますよう、充実したものにしていきます。

「食」から生まれる「いしのまきトラベルレストラン」の物語が始まります。

 

 

にっぽんトラベルレストラン