カテゴリー別アーカイブ: 今日の献立

今日の献立

第2回トラベルレストランが「航」に掲載されました!

みなさま

ご無沙汰しております。
石巻はすっかり寒くなり、石巻の冬の食材が美味しい季節になりました。

トラベルレストランからお知らせです。
第2回トラベルレストランの様子やトラベルレストランの想いが
慶長使節400年記念誌「航 KOH Vol.3」に掲載されました。

第2回目のホストをつとめてくださった、漁師の渥美さんや初回からトラベルレストランを支えていただいている米の太田屋さん、
はまぐり堂のシェフ魚谷浩さんの想いが綴られています。

石巻市内の各所で閲覧可能です。
※なくなり次第終了となります。

・宮城県慶長使節船ミュージアム
・青葉城資料展示館
・瑞鳳殿資料館
・仙台市天文台
・仙台市博物館
・仙台文学館
・社会福祉法人共生福祉会福島美術館
・宮城県美術館
・東北歴史博物館
・塩竈神社博物館
・瑞巌寺宝物館
・みちのく伊達政宗歴史館
・リアス・アーク美術館
・石ノ森萬画館
・石巻市教育委員会生涯学習課
(サンファン館HPより)

もし、よろしければ、一度手にとってご覧いただけましたら幸いです。
今後ともいしのまきトラベルレストランをどうぞよろしくお願いします。

11

稲刈りイベント「ササシグレを刈ろう」を実施しました

みなさん、こんにちは。

台風も過ぎ去り、さむくなってまいりました。
10月5日に、米の太田屋さんのイベント「ササシグレを刈ろう」を開催いたしました。

30人近くの皆さんにご参加いただき、今年も秋の稔りを皆さんで楽しむことができました。
ありがとうございました。
その様子をご報告させていただきます。

朝8時半
石巻駅を出発。
眠い目をこすりながら、こども達も参加してくれました。

9時太田さんの田んぼに到着。
稲の刈り方のレクチャーを受けます。
3

レクチャーを受け、いざ実践です!!
20

刈れたー!!
19

続いては稲を刈った時に藁での縛り方のレクチャーです。
11
皆さんかなり真剣な様子です。

実践中!!
10

出来たっと満面の笑みをいただきました!
18
こちらもできたーー!!
17

さてさてどんどん刈っていきますよー!
9

ある程度刈れたところで田んぼには何やら太田さんが木の棒を突き刺し始めました。
8

なにができるんだろう?
15

天日干しする為の本ニオでした!!
こどもたちも習いながらチャレンジです。
7

さてさて、一方では着々と昼ご飯の準備も進んでいきます。
6
女川のさんまに。

5
雄勝で朝あがった新鮮なホタテ。

美味しいにおいに包まれながらも本ニオの完成です!
13

本ニオも完成したところで、昼食の時間に。
太田さんの奥様が作ってくださった、美味しいおかず、羽釜で炊いた、炊きたての新米のササシグレ。
さんまにホタテ。
田んぼでピクニックみたいに皆さんで楽しく美味しくいただきます!!

4

2

14

1

今年のササシグレについてもお話を聞きながら、みんなで美味しく食し、その後は、疲れを癒しに
ふたごの湯へ行って参りました。
石巻の魅力のひとつでもある「お米」そして、完全自然栽培でつくられる太田さんのササシグレ。
今年もたくさん稔り、皆様への食卓へと届きます。
食欲の秋にご飯はやっぱりかかせません!!
皆様、ぜひ米の太田屋を今年もどうぞよろしくお願いいたします。
今後とも、一緒に様々なイベントを展開予定です。

そちらもお楽しみに!!
ご参加いただきました、皆様本当にありがとうございました。
太田さんもお疲れ様でした。
天気は曇りでしたが、心は晴れる思い出に残る、稲刈りイベントとなりました!!

第2回トラベルレストラン「谷川浜散策とはまぐり浜ツリーハウス」

みなさま、こんにちは。

今回のトラベルレストランは潮風を感じながら、海の幸に触れ、お米の幸に触れ、石巻の魅力を味わいました。
ただ、味わうだけではなく、その土地の人や、文化などもトラベルレストランの魅力のひとつです。
今日は今回のトラベルレストランの開催場所、谷川浜を散策しながら色々と学びました。
そして、バスに乗り、今回レストランを提供していただいたはまぐり浜にあるツリーハウスを見学しました。
その様子をお伝えします。

食事には地元の漁師さんや、イマココプロジェクトで石巻に来ていた皆さんも参加してくださいました。
2-7

食事を終えたら、谷川浜を散策です。
近くのお寺まで、震災前の話、当時の話を聞きながらゆっくりゆっくり散策しました。
3-1
谷川浜の被害は大きく、漁師を辞めた方も中にはいらっしゃっるそうです。
渥美さんは震災の時、道のない山のなかへ逃げ込み助かったのだと言います。
渥美さんが生まれ育った谷川浜を皆さん感じながら、散策が終了。
いよいよ、お別れの時間です。
今日出会った皆さんに感謝しながら、集合写真をパシャリ!

3-2

渥美さんにお別れをして、はまぐり浜へ向かいます。
バスのなかでうとうとしながら、30分ほど行くと、はまぐり浜のバス停の前にツリーハウスが見えてきました。
さっそくバスから降りて、ツリーハウスを体験しました。

3-5

3-6

はまぐり堂の魚谷さんにもお別れをして、石巻駅へと向かいます。
無事に第2回トラベルレストランが終了です。
石巻ほやの旅、
今回の生産者さん(ホスト)は

・ほや漁師
渥美 貴幸さん

・シェフ
魚谷 浩さん(一般社団法人 はまのね)
亀山 貴一さん(一般社団法人 はまのね)

・フラワーコーディネーター
岡 泰史さん(はなきフラワーガーデン)

以上の皆様にご協力いただきました。
ありがとうございました。
次回は、太田さんの稲刈りイベントです。
皆様そちらもぜひご参加くださいませ。お待ちしております。

第2回トラベルレストラン「浜にレストラン出現!!」

みなさま、こんにちは。

今日は秋の匂いがして、とても素敵な浜日和です。
静かな時間が石巻の魅力のひとつですね。

報告の続きです。

船から降りると、もくもく、いいにおい。
浜にレストランが出現!
2-1

キッチンカーに、大きな丸いテーブル、テーブルには綺麗なお花。
ここにしかない特別なレストランを提供してくださるのは、はまぐり堂の魚谷浩さんと亀山貴一さん。
ひとつひとつが丁寧で、おしゃれです。
2-2
魚谷さんと
2-21
亀山さんです。

2-4

2-6

お腹がすいて、皆さんのテンションもあがってきました。
乾杯には、完全自然栽培の米農家、太田さんの甘酒で贅沢な乾杯です!!
2-3
かんぱーい!!楽しい昼ご飯のお時間です。
今日のレシピは
・ホヤ出汁冷製スープ
・ホタテの冷葉
・イシカレイの洋風タタキ
・アイナメののり塩
・鹿ローストと日光浴ポテト
・鹿トマト煮
・かまどご飯(ホヤ)
・とろろこぶのおにぎり
・うしお汁
・ホヤピザ
・ホウジ茶プリン

献立
とっても豪華な昼食です!

2-17
ホヤピザの焼きたてをいただいたり、

2-8
かまどで炊いたご飯のいい匂い!

食事を楽しむ皆さんの様子です!
2-20

2-15

2-16

食事も堪能し、満腹になったところで、谷川浜を散策です。
ゆっくり流れる浜の時間を歴史と共に学びます。

つづく。

第2回トラベルレストラン開催いたしました!

皆様、こんにちは。
9月ももうすぐ終わりに近づき、石巻の朝は肌寒い季節となってまいりました。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

9月15日
第2回トラベルレストラン「石巻ほやの旅」を開催いたしました。

少しずつ今回のトラベルレストランの報告をさせていただきます。

朝9時
石巻駅出発
今回は牡鹿半島の谷川浜で、ほやの旅です。
バスのなかで皆さんの自己紹介。
楽しい旅の始まりです。
1

朝10時
谷川浜到着
本日のホストであるほや漁師さんの渥美貴幸さんにご挨拶。
ほやの漁について、習い、見学し体験します。
今回は1年・2年・3年とほやの成長を見ます。
さあ、船に乗って出発です。
2

3

まずは種ほや。牡蠣の貝殻に種を付けて育っていきます。
4
5

1年ほやです。固い!!です。

6

2年ほやです。おお。だんだん大きくなってきましたよ!!
7

3年ほやです。大きいー!!
8
そして美味しそう!という声が。
ではさっそく、もぎもぎしましょう。ということで、女子3人にもぎもぎしていただきました。
すごく硬くなかなか取れない。。
9
もげたーーー!皆さん満面の笑みを頂戴しました。
10

自分でもいだほやを渥美さんに皮をむいていただき、食しました。
やっぱり新鮮なほやは美味しいですね!
11

小さなお子様もほやに初挑戦!
12

ほやを船の上で堪能した後、浜に戻るとそこには煙がもくもく!
レストランが出現していました!

13

つづく。

第2回トラベルレストラン開催決定!!

140821_HP掲載

みなさま。
ご無沙汰しております。
第2回トラベルレストランの開催が決定しました。
今回は「石巻ほやの旅」
海のパイナップルとも呼ばれる「ほや」ですが、皆さん食したことはありますか。
古くからホヤの食用が広く行われ多く流通するのは主に東北地方北部沿岸であり、
水揚げ量の多い石巻漁港がある宮城県では酒の肴として一般的に食されています。
今回は谷川浜の漁師さんと一緒にほや漁を体験して、美味しいほやを食してみませんか。
石巻でお待ちしております。

<ツアー概要>
石巻1泊2日の旅。秋の稔りを肌で感じ、石巻の自然のなかで育ったお米を食す、自然栽培でできたお米を羽釜で炊いて楽しむ1日。
石巻の海の幸、「ほや」を体験し、食す。自然豊かな谷川浜で、今までにない「ほやレシピ」を特別に披露。自然のなかで石巻のほやを楽しむ1日。楽しい、美味しい石巻を、ぜひ体験しに来てください!!

日程:9月14~15日(日・月)
9月14日はツールド東北もあり、石巻全体で盛り上がります!!
ぜひ石巻へお越し下さい!!

行程スケジュール
(14日)
12:00-石巻駅集合
12:30-15:00太田さん田んぼ見学、昼食
15:00-15:30バス移動
15:30-17:00まちなかエクスカーション
17:00-20:00夕食(松竹にて優雅な夕食)
20:00-解散

(15日)
9:00-石巻駅集合
9:00-10:00バス移動
10:00-12:00ほや漁について見学、体験
12:00-15:00昼食・浜散策
15:00-16:00石巻駅へ移動
16:00-解散

参加費:1日参加:6,000円
両日参加:12,000円

1日のみの参加も可!!
(※交通費・宿泊費は含まれておりません)

皆様のご参加スタッフ一同心よりお待ちしております。
漁師さん、シェフ情報もHPにて随時アップしていきますので、皆様お楽しみに!!

太田さんの種まきに参加しました!!

みなさま、こんにちは。
石巻もようやく暖かくなり、サクラが満開になりました。

そんななか、米の太田屋さんでは、種まきが行われました。

今回は、一般参加者5名での開催となりました。
始めはお茶っこをしながら自己紹介。
太田屋さんのお米についての説明も受けました。

種まき9

お茶っこを終え、さっそく種まきスタートです!
まずは機械での種まきを皆さんで見学です。

土に水を湿らせ、

種まき8

種を蒔きます。

種まき11

さらに土をかぶせ、できたものをハウスに並べていきます。

種まき4

種まきについて、太田さんに教わりながら、手蒔きにも挑戦しました!

種まき5

「際が重要だよ!」という太田さんのアドバイスを受けながら、
綺麗に種を蒔くことができました!!

種まき6

小さな小さな種から、苗となり、稲となり、そしてその稔りをいただく。
自然の循環に助けられながら、私たちは生きているのですね。そんなことを実感しながら、来月の田植えを楽しみに、太田さんのハウスを後にしました。

種1

来月25日には田植え体験を予定しております。
興味がある方はぜひそちらもご参加ください。
詳細はまた後日発表いたします。お楽しみに!!

第1回「浜のお正月を巡ろう」申込受付開始!!

みなさま。新年明けましておめでとうございます。
今年もいしのまきトラベルレストランをよろしくお願い致します。

前回の、第0回トラベルレストランでは、
「半島から田園、そして山へ」というタイトルでモニターツアーを開催致しました。
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

さて、今回の第1回トラベルレストランでは「浜」と「お正月」をテーマに牡鹿半島を中心に巡りたいと思います。

140223第1回トラベルレストラン告知

今更お正月・・・?と思うかもしれませんが、
石巻の「お雑煮」は「だしの種類」がとても豊富にあります。
海に近い地域では、ハモ、アナゴ、ホヤ、タコ、アワビなどとっても贅沢で美味しいだしでお雑煮を食べるそうです。

今回は是非それを体験していただきたいと考え「お正月」というテーマにしました。
お雑煮は浜で暮らすお母さんに数種類、調理していただき、その他の石巻のお正月料理は地元の料亭「割烹滝川」の料理長阿部司さんをお迎えしております。
随時、今回の浜や他のプログラムについての見所もブログにて載せていく予定です。

当日スケジュール
8:10 -  仙台駅集合(東京6:32発)
9:30 -  石巻駅
10:40 -  泰平荘到着(石巻市牡鹿半島)
10:40 – 11:40 餅つき
11:40 – 13:30 ランチ
13:30 – 13:40 泰平荘 – おしかのれん街
13:40 – 14:10 おしかのれん街で買い物
14:10 – 14:25 おしかのれん街 – 大原浜集会場
14:25 – 16:25 しめ縄づくり/お雑煮体験
16:25 – 17:40 大原浜集会場 – 石巻駅
17:40 – 19:00 石巻駅 – 仙台駅
19:00 -     仙台駅解散

参加費:8,000円
(集合場所までの交通費は含まれておりませんのでご了承ください)
また、お支払いは当日現金のみになります。

ぜひ、お申し込みくださいませ。
申込先
E-mail:travel-restaurant@ishinomaki2.com
TEL:0225-25-4953(ISHINOMAKI2.0)
お申込みの際は、以下の情報をご記入ください。

・お名前
・ご住所
・当日連絡可能なお電話番号
・ご参加人数
・Eメールアドレス

担当:湯浅
HPの問い合せフォームからもお申込みできます。

皆様のご参加心よりお待ちしております。

いしのまきトラベルレストラン第0回ストーリー

10月20日のツアーが無事に終了致しました。
ご協力いただきました皆様、誠にありがとうございました。

今回のツアーについて少し種明かしをさせていただきたいと思います。

石巻には「海」のイメージを持たれている方が多いように感じます。
でも、石巻の魅力はそれだけではありません。
「山の文化」も「浜の文化」も両方あり、ありすぎてぼやけてしまっているのが、「石巻」
その石巻の溢れる魅力を丁寧に繋いでひとつの物語を創り出したいと私たちは考えています。

今回のトラベルレストランは自然栽培米農家である
太田さんの「お米」にまつわるツアーとして、ストーリーをつむいでいきました。

太田さんによる羽釜で炊いたご飯
131126-5

そのご飯に合うおかず

131127

そのご飯に合う海の幸

131127-1

そのお米からできた日本酒

131127-4

地元で採れた粘土で焼いたお茶碗にご飯をよそう

131127-2

ご飯を食べるための箸置きを自分たちで制作

131127-5

「太田さんのお米」というキーワードによって石巻の魅力が繋がっていきます。
私たちは、

「石巻の魅力を線で沿っていくことによって、より一層石巻を味わう」

そこを「いしのまきトラベルレストラン」を通して体感していただきたいと思っています。

次回は2月8〜9日を予定しております。
ぜひ皆さんも石巻の魅力を味わいに来てください。

三輪田窯・箸置き制作体験

10月20日。太田さんの田んぼを後にし、向かったのは
「三輪田窯」
今回トラベルレストランで使用したお茶碗を作っていただきました。

三輪田窯はかつて、二俣小学校三輪田分教場の廃校舎に窯を築き、地元でとれる粘土に、歴史深い河北上品の風土を練り込んで、素材そのものを生かした「やきもの」を造られています。
また、粘土をはじめ、霊峰『上品山』の岩・雄勝硯石(玄昌石)・稲井石・籾殻灰・木灰・貝などを釉薬として使っている為、独自の風合いが特徴的です。

131126-9

そこの窯主である、亀山英児(かめやま えいじ)さんに三輪田窯の歴史や、特徴を説明していただき、実際に三輪田窯を体験してもらう為、箸置き制作をしました。

131126

みなさんの個性溢れる作品が次々とできあがっていきます。

131126-10

ここで、みなさんで集合写真。

7

焼き上がるまで約1ヶ月程。
出来上がりを楽しみにしながら、三輪田窯を後にします。

その後は道の駅「上品の郷」へ行き、買い物を通して石巻の魅力を発見してもらいました。

次は
<いしのまきトラベルレストラン第0回のストーリー>