ISHINOMAK2.0のウェブサイトは2016年4月1日にリニューアルしました。新しくなったサイトはこちら。

ABOUT

石巻VOICEは震災後に石巻人の声を拾い上げ、一冊の本へ編み上げたフリーペーパーです。石巻の人々が語る「私の石巻」を通して石巻はどんなまちなのか、どういう文化や歴史があるのか、そしてどんな未来を描いているのかを知るためのメディアです。
地元にとどまらず全国へと配布された「石巻VOICE」は読んだ人の共感を呼び、石巻へ興味や関心をもつきっかけになっています。この媒体が生み出す渦はさらにたくさんの人をこのまちへ巻き込みつづけています。

BLOG

【2013/11/06】

「建築家にならなかった建築家たち展」に展示されました!

 

東京都渋谷区の「EYE OF GYRE」にて、「建築家にならなかった建築家たち」をテーマとして

あたらしい建築のあり方を探して建築のちょっとだけ”外側”にいる人たちと、その作品を集めた、

新しい展示会が行われました。

 

一目みれば思わず目を奪われる、数々の「建築家にならなかった建築家たち」の作品の中に

ISHINOMAKI2.0の理事でありVOICE編集長・広告プロデューサー・アートバイヤー・編集者である

飯田昭雄の作品として、

石巻VOICEと石巻中央市街地のまちの模型が展示されました。

 

※以下は GYRE HPより抜粋

建築は進化してるでしょうか?ホントに面白いですか?可能性に満ちあふれてますか?

人をワクワクドキドキさせてますか?この先、”表現”としての建築はどこに向かうのでしょうか?
あたらしい建築のあり方を探して、建築のちょっとだけ”外側”にいる人たちと、その作品を集めました。今は、外側に居るけれど、近い将来、建築に内包されるかもしれないし、逆に、建築が、こうした”外側”に吸収されるのかもしれない。今日的な建築のあり方を、建築をやめた建築家たちが、テクノロジーやアートを使って”建築”します。

■場所:EYE OF GYRE

■会期:2013年10月23日(水)~11月4日(月)

■参加作家
齋藤精一:Rhizomatiks
中村勇吾:tha ltd.
志伯健太郎:GLIDER
吉里裕也:SPEAC, inc./東京R不動産
石畠吉一:いえつく編集長
飯田昭雄:ISHINOMAKI 2.0
武井良祐 (もんじゃ):SimWorker
伊藤達信:工芸ギャラリスト/スペース大原
千葉隆史 aka. FDFANTA汁CHILLSTASKI:アーティスト

 

ご来場いただき飯田の作品をご覧になった皆様、ありがとうございました。

URL:http://notbutarchi.tumblr.com/

gyre2

 

【2013/03/13】

VOICE vol.3発刊記念トーク「復興のIDEA powered by 石巻VOICE」開催!! 3/17@アーツ千代田3331

こんにちは。
今週末のトークイベント@アーツ千代田3331のお知らせです。

3.11より2年が経ち、3年目に入る石巻では「まちの復旧」ではなく「まちの復興」が始まっています。この復興に際し起こっている数々の諸問題は、高齢化、商店街の空洞化、子どもの教育・発達の場不足、文化交流産業の未成熟など、これから日本の各地域が直面する社会課題と通じています。石巻で日々現場に直面している復興人を招き、彼らが3年目の現在抱えている課題の現状シェアとその分析から、現代の神田の地域問題と比較しつつ、それぞれのまちの未来を考えるトークイベントです。

VOICE vol.3発刊記念トーク「復興のIDEA powered by 石巻VOICE」
3月17日(日)
15:00-17:00
入場無料

ゲスト
清水祥彦(神田神社権宮司)
田熊清徳(千代田区観光協会理事、神田鎌倉町会庶務)
林貴俊(有限会社林屋呉服店)
厨勝義(南三陸町Iターン復興請負人)
高橋伸治 高徳海産 (株式会社高徳海産取締役、石巻水産復興会議メンバー)

コメンテーター
星野諭(NPO法人コドモ・ワカモノまちing 代表理事)
飯田昭雄(石巻2.0 VOICE編集長)

進行
西田司(石巻2.0 建築家)

みなさま今週末はぜひ3331へ!

【2013/01/10】

Voice vol.3発刊記念パーティ

ISHINOMAKI2.0が発行しておりますフリーペーパー「石巻VOICE」 の、第4号目となるvol.3が発行されました。

VOICE vol.3はサブタイトルをIDEA(アイディア)と題して、石巻の人たちの仕事 を通じた生き方や考え方、新しいアイディアに触れられるものとなっています。 またこのフリーペーパー「石巻VOICE」は、日本デザイン振興会が主催するグッド デザイン特別賞復興デザイン賞を受賞することができました。

そしてこの度、企画や編集などVOICEに携わる人、いままで取材に御協力頂いた方々が一同に会 する交流会を開催します。

本誌Vol.3では多くの食に関わる方々に登場していただきました。

交流会では米の太田屋さんの有機栽培「ササシグレ」の釜炊きをはじめとする、おいしい料理をご用意してお待ちしております。

 

誰でも気軽に参加できるパーティですので、皆様お誘い合わせの上お越しください。

 

【VOICE vol.3出版記念交流会】
■日程: 2013年1月14日(月・祝)
■ 時間: 19:00-21:00 *予約不要
■ 場所: IRORI 石巻(石巻市中央 2-10-2 新田屋ビル 1F

■ 内容:

・VOICE 編集チームによるプレゼンテーション
・VOICEvol.3 出演者によるクロストーク(モデレーター:真野洋介)
・交流+食事会
■ 問い合わせ先:0225-25-4953 (IRORI 石巻)

 

*フリーペーパー「石巻VOICE vol.3」ですが、配布協力していただける方を募集しております。一箱(300部)単位で配送しておりますが、配送料はご負担いただいております。メール(info@ishinomaki2.com)にて、お名前・ご住所・電話番号・希望部数をお知らせください。バックナンバーも一部在庫がございます。またIRORI石巻にお越しいただき直接お渡しすることもできます。

 

 

 

【2012/10/01】

ISHINOMAKI 2.0/石巻VOICE/石巻工房がグッドデザイン賞 BEST 100入賞!

ISHINOMAKI 2.0/石巻VOICE/石巻工房が、日本デザイン振興会の主宰するグッドデザイン賞2012を受賞しました!

ISHINOMAKI 2.0は「都市づくり、地域づくり、コミュニティづくり]分野で、

石巻VOICEは「公共領域のためのメディア」分野
石巻工房は「社会基盤、プラットフォーム」分野

でそれぞれ評価を受けました。

さらに、3者とも1,108件に及ぶ2012年度の受賞作品のなかから特に優れたデザインに与えられる「BEST 100」に選ばれました!
関係者のみなさま、ISHINOMAKI 2.0や石巻工房を応援してくださるみなさま、本当にありがとうございます!

ISHINOMAKI 2.0の受賞ページに寄せられている審査委員のご講評をここで紹介させていただこうと思います。
《大きなことから小さなことへ。このまちづくりプラットフォームが大切にしていることだ。市民一人一人が動き、出会い、活動していくこと、そのきっかけをつくり、つながりを育てることで、まちが具体的に変わっていくという活動。それがISHINOMAKI2.0のようだ。大きすぎる都市、資本の力で動く都市では実感し得ないまちづくりをISHINOMAKI2.0が進めていると思う。私たちはここでも被災地とその再生に取り組む人たちに教えられていると思う。
担当審査委員| 南雲 勝志 (ユニット長) 大島 礼治 黒川 玲 手塚 由比 堀井 秀之 森田 昌嗣》
cc.公益財団法人日本デザイン振興会

まさに私たちが大切にしている概念を、的確に理解していただき、このような評価をいただけたことはとても光栄なことだと思います。

また、11月23日~25日の期間でグッドデザイン賞受賞発表展が行われます。
会場は東京ビックサイト東4ホールになります。
http://www.g-mark.org/gde/2012/index.html

お時間の有ります方は、ぜひ会場にお越しください。

【2012/05/01】

VOICE vol.2 「CULTURE」リリース!!

ISHINOMAKI 2.0が発行するフリーマガジン「VOICE」の通算3号目になる最新号が発刊されました。

最新号の特集は「CULTURE/文化」。石巻には素晴らしい文化とそれに携わる魅力的な人達がいます。そんな石巻文化に関わる人たちが本誌にはたくさん登場します。

表紙は「軍鶏」などを代表作にもつ石巻出身の漫画家・たなか亜希夫氏の生原稿の写真。氏の実家において津波により水をかぶってしまった時の写真です。

 

「VOICE vol.2」はISHINOMAKI 2.0のオフィスがあるIRORIはもちろんのこと、石巻市内の商店などのほか全国の協力店などで配布しています。

 

配布に協力していただける方はinfo@ishinomaki2.comまでご連絡ください。送料は配布先に御負担して頂いておりますが、200部よりお送り致します。