ISHINOMAK2.0のウェブサイトは2016年4月1日にリニューアルしました。新しくなったサイトはこちら。

ABOUT

IRORI石巻はまちに開かれたオープンシェアオフィスです。
無線LAN、電源は無料で使え、おいしい挽きたてコーヒーも1日300円で飲み放題です。

この場所は元は照明もないガレージでしたが、石巻工房とアメリカの家具メーカー、ハーマンミラーの職人たちが協力して改修し、まちに開かれた公共的な場所へと生まれ変わりました。

世界中から人が集まり、思いを語り、時には共にお茶を飲み、未来へのアイディアを紡いでいく。
「再生と革新のための交流の部屋=Interaction Room Of Revitalization and Innovation」
それがIRORI石巻です。
ホームページ:http://irori.ishinomaki2.com/
所在地 : 石巻市中央2丁目10-2新田屋ビル1階
TEL : 0225-25-4953
FAX : 0225-25-4953
営業時間:10:00-19:00
定休日:火曜日
貸切・団体での利用も可能です。お気軽にお問い合わせください。
info[at]ishinomaki2.com
([at]を@に変えて送信してください)

協力 : Herman Miller
KIBOW
NPOファイブブリッジ
石巻復興プロジェクト

BLOG

【2016/03/14】

復興まちづくり映像ミニシンポジウム 「もうひとつのまちづくり そのすがたとかたち」 開催

IRORI石巻オープニングイベント「リアル石巻」共催企画
復興まちづくり映像ミニシンポジウム
「もうひとつのまちづくり そのすがたとかたち」

震災以降、石巻のまちと人々は、多くのメディアを通して発信されつづけてきました。
その中で、復興とまちの未来に向けて動く人々の姿はどのように映ってきたのでしょうか。
2014年、震災から2年半の石巻のまちづくりを伝える映像が出版されました。
それから同じ2年半が経過した今、この映像アーカイブをあとからひもとくことで、ひと呼吸置いた石巻のリアルとこれからのまちについて考えます。

日時:2016年3月20日(日)午後2時から5時
会場:IRORI石巻(石巻市中央二丁目10-2)(http://irori.ishinomaki2.com/)
主催:早稲田大学都市・地域研究所/一般社団法人ISHINOMAKI2.0
協力:まちづくりを記録する会

内容:
(第一部:映像上映と解題)
■映像上映:「東日本大震災復興まちづくりの現在 2013年秋」(丸善出版)
      第6巻『宮城県石巻市 まちづくり市民事業の連携』

■解説:真野洋介(東京工業大学、一般社団法人ISHINOMAKI2.0)「石巻復興の5年」

■トークセッション
 佐藤 滋(早稲田大学理工学術院教授、早稲田大学都市・地域研究所所長/本映像監修)
 青池憲司(映画監督/本映像制作協力)
 松村豪太(一般社団法人ISHINOMAKI2.0代表理事)

(第二部:まちの未来とまちづくり)
■プレゼンテーション
 松村豪太(一般社団法人ISHINOMAKI2.0代表理事)
 「5年目を迎える石巻2.0の新たなチャレンジ」
 渡邊享子(合同会社巻組、一般社団法人ISHINOMAKI2.0理事)
 「居住・起業支援のこれまでとこれから」
 松下嘉広(一般社団法人ISHINOMAKI2.0 地域自治チーム)
 「地域まちづくりと村デザインの見える化」
 石川碧璃(一般社団法人ISHINOMAKI2.0 地域自治チーム)
 「桃生地区のまちづくり」                 ほか

■ディスカッション

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【2016/03/09】

メディア情報

現在、発売中のDiscover Japan4月号「ニッポンを沸かせる100のこと」にてISHINOMAKI2.0について、先日リニューアルオープンいたしましたIRORI石巻、関連の記事が掲載されております。皆様、是非御覧ください。

Discover Japan HP
http://discoverjapan-web.com/

IRORI石巻 HP
http://irori.ishinomaki2.com/

Discover JAPAN

【2016/02/25】

メディア情報

メディア情報

雑誌
人、暮ら、地域しをつなぐ 「TURNS」 Vol.16 2016
ISHINOMAKI2.0  代表 松村豪太
連載記事   「石巻からの手紙 」 Vol.7

ラジオ
ラジオ石巻76.4   RealVOICE 毎週水曜日 お昼12時30分〜13時 好評放送中。
2/3(再放送2/10)
GUEST
加藤奨人さん (イトナブ石巻)

2/17(再放送2/4)
GUEST
加納実久 (ISHINOMAKI2.0)

NHK仙台放送局
2016.2.18 放送
「ゴジだっちゃ!」
GUEST
鈴木健文 (ISHINOMAKI2.0)

新聞
2016.1.19        石巻かほく             3面    (山下地区共同まちづくり協議会・三角茶屋)

2016.1.21       石巻日日新聞           5面    (山下地区共同まちづくり協議会・三角茶屋)

2016.1.28      石巻かほく         3面    (ふるさとづくり大賞・総務大臣賞)

2016.1.28         石巻経済新聞      1面     (IRORI石巻リニューアルオープン)

2016.2.3      石巻日日新聞       5面    (ふるさとづくり大賞・総務大臣賞)

2016.2.9        石巻かほく             2面    (みやぎ地域づくり団体協議会)

2016.2.13         石巻かほく          4面   (IRORI石巻リニューアルオープン)

2016.2.13          石巻かほく           4面   (ISHINOMAKI金曜映画館)

2016.2.19       石巻日日新聞       4面   (シビックプライド石巻)

2016.2.19       石巻日日新聞     4面    (ISHINOMAKI金曜映画館)

2016.2.21         河北新報        15面  (IRORI石巻リニューアルオープン)

2016.2.22          石巻日日新聞     5面  (IRORI石巻リニューアルオープン)

TURNS 移住

【2015/11/18】

ISHINOMAKI2.0 version up について

 

ISHINOMAKI2.1

 

2011年東日本大震災直後に始動したISHINOMAKI2.0。その名前には、単に震災前に戻すのではない、オープンでクリエイティブな進化したまちをめざそうという宣言を込めています。

ISHINOMAKI2.0は常に変化を続けておりますが、震災から間もなく5年というこのタイミングでさらなるバージョンアップへ向けて動き出しました。

拠点であるIRORIの大改修、ホームページのリニューアル、そして新プロジェクト。新メンバーや新パートナーとともに、2.0は大きく変わります。

団体内では2.1(ニーテンイチ)という通称で呼んでいるこのバージョンアップ計画。過程も含めて皆さんとともに楽しみながら進めていきたいと考えています。

 

12279408_10153299109276973_1854241964_o

【2015/10/21】

IRORI石巻 改修にともなうクローズのお知らせ

2011年12月、まだ津波の爪跡が生々しい石巻の中心市街地。商店街のガレージを手作りで改修してIRORI石巻は誕生しました。以来、ハーマンミラーの職人たちと作った棚ができ・壁をホワイトボード化し・ペレットストーブが導入され、手作りで進化し続けました。中学生・商店街のご意見番・アラブ人・世界的なクリエーターといった多様な人々に、あるときはライブ会場・ある時は高校生の学びの教室・ある時はワークショップの場と、多様な使い方で愛されてきました。

3.11から4年半。IRORIのニーズが広がる一方、手作りの急ごしらえによる設備ではそれに十分に応えられない場面も出て歯がゆい思いもいたしました。

そこで、我々は「攻め」の改修をいたします。面積はおよそ倍になり、おいしいコーヒー、面白い仕掛けを備えた場所としてバージョンアップを進めます。ただし、設備の立派さではなく、人と人のつながりや既成概念にとらわれないアイディアこそが革新を生むという信念は変わりません。手法も変わらずDIY。原点を変えないまま、IRORIは大きく進化しようとしています。
改修に伴い、11月16日より少しの間IRORIをクローズさせていただきます。皆さまにはご迷惑をおかけしますが、より進化したIRORIが「世界で一番面白い街」石巻のゲートウェイとして皆さまを迎えられますよう、ご理解いただけますようお願いいたします。
早ければ年明けとともに。次のIRORIのステージが始まります。

 

2015年10月21日 ISHINOMAKI2.0 代表理事 松村 豪太

 

IRORI石巻