ISHINOMAK2.0のウェブサイトは2016年4月1日にリニューアルしました。新しくなったサイトはこちら。

ABOUT

震災前から空室となっていて、価値を生み出していなかった場所とその場所を使いたいというニーズを、オーナーさんと協力して結びつけています。さまざまな人がこの場所を利用し、利用した際の礼金はオーナーさんへ義援金として還元しています。空室を有効利用することで、新しい人の流れが生まれ、まちなかの小さな経済を後押しすることをねらいとしています。

*復興民泊事業は終了しました。
*Fukko Minpaku Guesthouse is already finished our service in December 2013. Thank you so much for using our accommodation.

BLOG

【2013/07/04】

石巻STAND UP WEEK2013開催!!

ISHINOMAKI 2.0は今年も8月1日の川開き祭りの前1週間に「まちびらきイベント STAND UP WEEK 2013」を開催します!

今年は7月27日から8月1日までの6日間、石巻中央の各所で行います。(26日には前夜祭、8月2日にも一部企画を実施します!)

野外映画上映会、一箱古本市、石巻ハッカソン、石巻工房デザインウィークエンド、オープンイシノマキ、ゆかたdeまちコン、ぺちゃくちゃナイト、手作りCMライブなど様々な企画を絶賛準備中です。

詳細は本ウェブサイト、ISHINOMAKI 2.0の公式FacebookページTwitterなどでお伝えしていきます。

今年の夏も石巻で皆様にお会いできることを楽しみにしています!!

【2013/01/17】

慶応義塾大学SDM×ISHINOMAKI 2.0イノベーティブ合宿開催!

MACHIZUKURI2.0 ~イノベーションでアプローチする新しい街のつくり方~
〈社会課題の最前線に、最先端の課題解決手法でアプローチする2日間〉

いま様々な解決手法が存在しているにも関わらず、何故、社会課題は無くならないのか。一方で、みんながそれぞれに、正しいことをしているにも関わらず、全体として、正しいことになっていないのは何故か。それは解決手法の是非ではなく、問題の根本にあるものは、解決するそのプロセスにあったのではないだろうか。

あらゆる問題が大規模・複雑化し、既存の思考方法では解決困難な現代に「木を見て、森も見る」視点でイノベーティブな解決策を多数生み出している慶應大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科。要素還元的手法ではなく、全体を全体として取り扱う手法を駆使して宇宙機開発やモビリティなどの技術的なシステム設計から、企業経営や地域活性化などの社会システムまでの広範囲にわたり新しい時代のデザインを行っている。

社会課題の最前線である東北・石巻において、地元商店主や、東京で活動する建築家、都市計画研究者、Webディレクターなど多様なメンバーが集まり、石巻のバージョンアップを目指して結成されたISHINOMAKI2.0。オープンエンドなまちづくりプラットフォームとして、チャレンジしたい多くのクリエイティブな人々が集い、斬新な企画で街をデザインし様々なモデルケースを輩出している。

この2日間では、復興の最前線で活躍する現地リーダーの方々から、現地視察を通して、整理されていない「良質でリアルな課題」をシェアして頂き、大学院で研究される最先端の問題解決アプローチ・思考方法を学び、「本質的なソリューションを生み出すプロセス」を実践的に取り組みます。

そして、ただのアイデアの創出に終わらせることなく、産み出されたソリューション・プロジェクトアイデアについて、現地リーダーからのシビアな評価・フィードバックをもらい、具体的に「まちを変える」プロジェクトを共に皆で考え、一緒に街を創っていくことが出来たらと考えています。

イノベーションは、混沌としたカオスの中から、古い常識に囚われない新しい思考によって創造されます。いま世界が最も注目する、この1000年に一度の奇跡的な機会に、是非、皆さんの人生をクロスさせ、新しい時代の創造者になってみませんか。

■講師プロフィール

富田欣和

慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科非常勤講師。経営コンサルティングと製造業の2社の経営を担う現役経営者であり、大学院講師も兼務。経済的成功を追い求めた20代での挫折を機に人間の可能性を再発見する内的な旅に出る。その旅を綴った著書が意識の高いリーダー達の共感を呼び、新たなリーダーシップの本として読まれることとなる。現在は日本全国でコンサルティングを行いながら、社会システム構築手法の研究を行っている。著書「人生の目覚まし時計」(PHP研究所)

石橋金徳

慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科非常勤講師。ミネソタ大学工学部にてNASA、カーネギーメロン大学等でインターンシップを経験し次席にて卒業。卒業後は本田技術研究所にて量産エンジン開発とEV技術の研究開発に従事。その後、東京大学超小型衛星戦略研究センターに赴任。プロジェクトマネージャーとして衛星開発を行い、東南アジア各国との連携などにも従事。また、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科非常勤講師としてデザインプロジェクト講義、システムエンジニアリング講義などを担当。2013年度より同大学院にて宇宙機開発の講義を担当予定。

■現地リーダープロフィール

松村豪太
一般社団法人ISHINOMAKI 2.0代表理事。1974年生まれ 。東北大学大学院法学研究科修了。地元石巻でスポーツを通したまちづくり活動を行う。勤務中に津波被害にあい自宅も半壊するが、震災直後から瓦礫撤去、泥かき、仮設住宅団地のコミュニティー形成などに奔走し、石巻中央部の復興活動の中心的な役割を担う。ISHINOMAKI2.0の発足後は復興のアイデアを次々と実行に移し、街の内外の様々な立場の人々を繋ぎながら石巻のバージョンアップを目指す。http://ishinomaki2.com/

阿部久利
有限会社阿部新代表取締役、お食事・仕出し松竹社長。石巻で江戸時代から続いた老舗旅館14代目。震災前に旅館業から飲食店へ経営をシフト、現在は石巻の食材を活かしたお弁当販売やECでの新商品開発で攻めの経営を続けている。ISHINOMAKI 2.0共同代表。明治大学商学部卒。http://www.shouchiku.jp/

平塚隆一郎
「水産加工会社のAppleを目指す」と意気込む老舗水産加工会社、山徳平塚水産社長。震災により生産設備や倉庫の大部分が被災するが、おでんや鯖の味噌煮といった商品をOEMで生産、精力的に販売する。石巻水産復興会議にて石巻の水産業界の若手と共に将来構想ワーキンググループを立ち上げ、代表世話人を務める。慶應義塾大学文学部卒。http://www.yamatoku-h.com/pc/

■主な行程
【2月9日(土)】
12:30 現地集合(IRORI石巻)
13:00 現場視察
16:00 講義
18:30 夕食・休憩
20:00 対話 ※自由参加

【2月10日(日)】
08:30 集合
09:00 ワークショップ(1)
12:00 ランチ・休憩
13:00 ワークショップ(2)
15:00 フィードバック・交流会
17:00 研修終了、現地解散(石巻市内)
※行程は変更となる可能性がございます。

■日程:
2月9日(土)・2月10日(日)<2日間>

■集合場所:IRORI石巻
石巻市中央二丁目10-2新田屋ビル一階

■研修参加費<復興応援特別価格>:16,000円(税込)
※石巻までの交通費・宿泊費・食事代は含まれませんのでご注意ください。

■定員:30名
※最低催行人数:20名

■申込方法:事前申込制。以下のフォームよりお申込み下さい。(記入確認次第お振込み先情報をお送りします。参加費振込み後お申し込み確定となります。お振込みの確認には数日お時間をいただくことがございます)

※定員に達し次第、受付終了致します。
申し込みフォームはこちら↓

□主催:一般社団法人ISHINOMAKI2.0/イノベーティブデザインLLC.
□協力:慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科付属 SDM研究所イノベーティブデザインセンター

□企画:アカシック株式会社/有限会社オール・アズ・ワン

■事務局
ISHINOMAKI 2.0 IRORI石巻
担当:小泉
石巻市中央2丁目10-2新田屋ビル一階
0225-25-4953
info@ishinomaki2.com

■注意事項
集合場所まで及び解散後の交通手段、並びにご宿泊については、
各自にてご手配下さい。以下ご参考までに交通・宿泊情報を掲載致します。

【交通手段】
<バス>
仙台駅宮城交通バス33番乗り場より仙台-石巻便乗車。
所要時間約1時間30分。片道800円。

ミヤコーバス
<電車>
仙台駅よりJR仙石線乗車、石巻駅下車。(ルートがいくつかあります。ご乗車の時刻の便をご確認ください)
所要時間約2時間。

JR 仙石線えきから時刻表

【宿泊】
■フタバイン
石巻市住吉町1-2-15
0225-94-2922
5500円~

http://www.kilie.com/futaba/

■菊池旅館
石巻市中央1-10-22
0225-22-1942
素泊まり4000円~

http://www.ishi-navi.net/article/144394417.html

■グランドホテル
石巻市千石町2-10
0225-93-8111
シングル6800円~

http://www.grandhotel.bz/

【2012/05/25】

IRORI石巻・復興民泊フロント・石巻工房へのアクセス

復興民泊フロント・石巻工房はISHINOMAKI 2.0の活動拠点「IRORI石巻」にあります。
アクセスは石巻駅から立町大通りへ出て、アーケード街を東(北上川の方向)に進みます。自由民主党ビルと観慶丸商店のクラシックな二つの建物がある交差点を右へ曲がったすぐのところにある「Nittaya」と書かれたビルの一階、ガラスの大きな引き戸の部屋が「IRORI石巻」です。

お車でお越しの方はお手数ですが事前にメール(info@ishinomaki2.com)またはお電話(0225-25-4953)にてお問い合わせください。


より大きな地図で IRORIの行き方 を表示

【2012/01/26】

復興民泊room002リニューアル!

復興民泊の第二号室、room002をリニューアルしました。
今まであまりroom002のことをwebでおしらせしていませんでしたが、実は改修が途中のままでした…
このたび第二期工事として部屋を区切り、男女別室のドミトリーとなりました。

room002はアイトピア通りの憩いの場、かめ七呉服店さんの二階にあります。
市内中心部にあり、ボランティア活動や市内観光へはとても便利な場所です。


改装前はこんな感じです。震災前から物置きになってしまっていて空いていた部屋でした。

今回改修にあたってピースボートさん、ON THE ROADさん、It’s Not Just Mudさんほか皆様のご協力をいただきました。

ありがとうございました!

 

寝具も備え付けでご用意しております。

こちらの部屋は男女6名様ずつの計12名様までのドミトリーとなっております。

多人数でのグループでのご利用にも対応していますのでメールにてご相談ください。

流しはお湯も出ますので寒い朝も温かいお湯で顔を洗うことができます。
冷蔵庫もご自由にお使いください。


こちらの部屋はシャワーもご利用いただけます。


共用部分の床は岡山県西粟倉村の森の学校様からご提供いただいた杉の無垢床タイルを使用しており素足で歩いても快適です。ご提供ありがとうございます。
http://market.nishihour.jp/?pid=26655728

復興民泊 room002
ご利用料金:一日2300円/人
定員:男女各6名様ずつ(計12名様まで)
設備:シャワー・寝具・電気ストーブ・灯油ストーブ・冷蔵庫・洋式トイレ
受付フロント:石巻市中央2丁目10-2新田屋ビル一階ISHINOMAKI 2.0オフィス(IRORI石巻)
チェックイン時間:17:00-19:00(当日のスタッフ勤務時間により時間は変わることがございます)
ご予約の際には代表者様のご氏名・ご住所・当日連絡可能な携帯電話番号・ご利用人数をお知らせください。
ご予約は
info@ishinomaki2.com
までメールをお願いいたします。

復興民泊ではご利用料の半額を物件オーナー様への義援金としてお渡ししています。
石巻滞在の際にはぜひご利用ください。

【2012/01/14】

復興民泊メールアドレス不具合のお詫び

復興民泊担当の小泉です。
ただいま復興民泊メールアドレス( fukkouminpaku@gmail.com )に不具合がありメールを受信/送信できない状況です。
大変ご迷惑をおかけしております。
ご利用・ご予約希望のお客様はISHINOMAKI 2.0のアドレス:info@ishinomaki2.com もしくは小泉アドレス:ypac.yoichi@gmail.com までお問い合わせください。

早急に改善いたしますのでしばしお待ちください。

ISHINOMAKI 2.0
復興民泊
小泉瑛一