ISHINOMAK2.0のウェブサイトは2016年4月1日にリニューアルしました。新しくなったサイトはこちら。

BLOG

【2014/11/27】

いしのまき学校第2回レポート!

前回に引き続き今野さんをゲストに迎えて行った、いしのまき学校第2回の報告です!

11月10日(月)に行った第2回は、前回工場を訪れた際に見て聞いた中で感じたこと、学んだことから

「若者に力を与えるモノづくり」という10月のテーマに沿って商品開発案を参加高校生一人ひとりが

考えを持ち寄って、プレゼンテーションをします。

 aaあ

     高校生が作成したプレゼンテーション資料(一部)

bbあ

 

普段の学校や日常生活ではなかなかプレゼンテーションをする機会がない中で、今野さんや

いしのまき学校校長である石巻2.0代表松村などのオトナを前に、メンバーの顔には緊張もみえましたが

「こんな商品あったらいいな!」というそれぞれの発想や想いを形にして発表していきました。

2-1

  考えられた商品は  「ノートパソコンケース」 「文房具」 「家具」 「雑貨」 などそれぞれ

 

高校生のプレゼンを真剣に聞いていた今野さんからは、

「既に売られている商品との差別化は?」という質問や、「人に見せたときにインパクトがあって、

相手からリアクションを引き出せるモノがあると良い」といったアドバイス等がされていました。

2-4

  プレゼン後は参加者全員からフィードバックを受けアイデアを見直す

 

更に今野さんは、実際に自身が商品開発するときのプロセス等も実例を交えながら話してくれました。

(その内容は例えば、今野さんは商品開発をする際は通常まずはターゲット設定をした上で、

そこから「どんなデザインにするのか?」「どういう特性を持たせるのか?」といった具体性を持たせていく。

その具体性を持たせるアイデアは、普段の生活から日常的に探して集めてきたアイデアをもとにして

組み立てていく。といったものです。)

今野さんがお話ししてくれた数々の発想方法は、今野さんが今までの自身の経験から培ってきた

貴重な思考のプロセスであり、それらは商品開発のアイデア生み出すときに役立つだけに留まらず、

これからの将来様々な場面で活用できる思考方法として、参加メンバーは学びました。

2-2

  今野さんのiPhoneカバーはこんなデザイン!

  見た人が“ギョッ”とするデザインで人を惹きつけ、会話のネタや自社商品のPRへつなげていく

 

アドバイスを受けたあとには、今野さんから、「これで起業できる!」といったコメントもいただき、

最初は緊張の色が見えたメンバーも、徐々に考えることの面白さや、モノづくりの面白さを実感できたようです。

zz

 プレゼンを一通り終え、みんなリラックス状態に。会話も弾む  

 

参加した高校生にとっては、前半と後半にあたる今回の2回を通して

今野さんの「モノづくり」への姿勢から多くのことを、自分達なりに学ぶ場となりました。

また、今野さんの生き様や語り口を「かっこいいと」と感じ憧れていく高校生達をみていると

そういう憧れを持たせ、自分が将来真似したくなるようなモデルになるオトナが身近にいることが、

若者たちにとってはなによりも大事なことなのだと感じられました

kano

 今野さんとチューター・お姉さん役として参加している加納さん。どちらも若者への思いは熱い

 

来月以降も、いろいろな人やモノに触れ学ぶ中で、

「どう考えるか?」「何を大切にするのか?」「どう人に伝えるか?」という

インプットとアウトプットのトレーニングをしながら、

いしのまき学校での学びがより「若者に力を与える」活動になるよう

高校生メンバーとオトナメンバーが一丸となって、充実した活動をつくっていきます。

 

 

______

【次回のスケジュール】

11月28日(月) 第5回「くらしをつなぐ」後編

*11月は石巻市の牡鹿半島の“蛤浜”で活動する一般社団法人はまのねの亀山貴一さんをお迎えして、

「くらしをつなぐ」というテーマで学びます。

*「いしのまき学校高校生ゼミ」は石巻市内や近隣の高校生を対象にした教育プログラムです。

*現役高校生であれば原則参加自由ですが、参加希望者は下記まで連絡をお願いします。

(ISHINOMAKI2.0 TEL : 0225-25-4953   Mail:info@ishinomaki2.com 担当:斉藤)

 

 






 



 

 

【2014/11/26】

いしのまき学校高校生ゼミ第2期 スタートしました!!


2014年10月、昨年からおこなってきた「いしのまき学校高校ゼミ」の第2期がスタートしました。

テーマは「若者に力を与えるまち」。

説明

 

8月までの第1期は、チーム「NORIMAK!」を結成し、7月末~8月始のスタンドアップウィーク期間中に

各メンバーが他の高校生を巻き込みながら、石巻の街の魅力を活かした、

プロジェクトを立ち上げ実施することによって、

彼ら自身を含めた若者の力強さを感じられる「若者に力を与えるまち」を実現させていきました。

 

新合併

 

そして、10月からスタートを切った第2期は、より石巻の街をしり、

若者にとって自分の可能性をひろげながら、

自分が何がをしたいのをつきつめて考えていくための場をつくります。

 

説明2

 

そのために第2期では、石巻の街で地域の魅力をいかし、

クリエイティブで魅力的な活動をしているオトナに触れ学んでいきます。

いしのまき学校第2期、最初のゲストは今野梱包株式会社の今野英樹さん。

3_R

 

今野さんをゲストに迎えた10月25日第1回は、今野梱包さんのもとへ工場見学に伺いました。

今回伺った第二工場では強化段ボールの「トライウォール」でつくられた恐竜や家具に

「機動戦士」ロボットの他、レーザークラフトによる独創的なアクリル製品、

携帯アプリと連動してつくるオリジナルiPhoneケース等様々な製品が展示されています。

 

DSC01073_R


DSC01075_R

 

DSC01103_R

工場でクリエイティブな製品をみて・さわって・使いながら、今野さんの事業やモノづくりへの熱い思いの裏にある、

次世代に向けたメッセージを受けとりました。

「必要なことは目的意識を持って何かをするこということ。目的意識をもって、日常的に生活していれば、何をしていたって自分の肥しになる。何かみつかる」

「テーマを持ってつくる・ターゲット・コンセプトをきちんと決める、そうすると提案しやすくすなる・説得力がある。これから自分達で何かやるときも、誰に向けたものなのかを大切にていけば、いいモノができる」

「やらずして後悔するよりも、やって後悔を。自分がやれることをやって初めてやりたいことが見える」

工場をまわりながら、今野さんは、多彩な若者へのメッセージを、製品の開発背景の話や事業の話、

ちょっとした笑い話のネタにまで実にたくさん込めてくれました。

la

 

la-5

参加した高校生からは、

「行動することの大切さを自分も最近感じている。もっと動いてみたいと思った。」

「なんでもプラスに考えることを真似していきたい、なんでも自分のプラスにしたい。」

「普通に学校行って部活やってでは聞けない話をきけたと思う。貴重な時間だった。

貴重な時間と思うことが大切だと思った。」

という今野さんから触発をうけた感想がきけました 。

 

第2回(11月8日実施)は、引き続き今野さんをゲストに、今回学んだことから

「若者に力を与えるモノづくり」という10月テーマに沿った商品開発のアイデアを出し、

それぞれがプレゼンし、ディスカッションしていくことで、テーマを深めていきます。

 

______

【次回のスケジュール】

11月28日(月) 第6回「くらしをつなぐ」後編

*11月は石巻市の牡鹿半島の“蛤浜”で活動する一般社団法人はまのねの亀山貴一さんをお迎えして、

「くらしをつなぐ」というテーマで学びます。

*「いしのまき学校高校生ゼミ」は石巻市内や近隣の高校生を対象にした教育プログラムです。

*現役高校生であれば原則参加自由ですが、参加希望者は下記まで連絡をお願いします。

(ISHINOMAKI2.0 TEL : 0225-25-4953   Mail:info@ishinomaki2.com 担当:斉藤)

 

 

 

 

【2014/08/28】

第二回いしのまきトラベルレストラン開催決定!!

140821_Tr_2データ入稿out

みなさま。
ご無沙汰しております。
第2回トラベルレストランの開催が決定しました。
今回は「石巻ほやの旅」
海のパイナップルとも呼ばれる「ほや」ですが、皆さん食したことはありますか。
古くからホヤの食用が広く行われ多く流通するのは主に東北地方北部沿岸であり、
水揚げ量の多い石巻漁港がある宮城県では酒の肴として一般的に食されています。
今回は谷川浜の漁師さんと一緒にほや漁を体験して、美味しいほやを食してみませんか。
石巻でお待ちしております。

<ツアー概要>
石巻1泊2日の旅。秋の稔りを肌で感じ、石巻の自然のなかで育ったお米を食す、自然栽培でできたお米を羽釜で炊いて楽しむ1日。
石巻の海の幸、「ほや」を体験し、食す。自然豊かな谷川浜で、今までにない「ほやレシピ」を特別に披露。自然のなかで石巻のほやを楽しむ1日。楽しい、美味しい石巻を、ぜひ体験しに来てください!!

日程:9月14~15日(日・月)
9月14日はツールド東北もあり、石巻全体で盛り上がります!!
ぜひ石巻へお越し下さい!!

行程スケジュール
(14日)
12:00-石巻駅集合
12:30-15:00太田さん田んぼ見学、昼食
15:00-15:30バス移動
15:30-17:00まちなかエクスカーション
17:00-20:00夕食(松竹にて優雅な夕食)
20:00-解散

(15日)
9:00-石巻駅集合
9:00-10:00バス移動
10:00-12:00ほや漁について見学、体験
12:00-15:00昼食・浜散策
15:00-16:00石巻駅へ移動
16:00-解散

参加費:1日参加:6,000円
両日参加:12,000円

1日のみの参加も可!!
(※交通費・宿泊費は含まれておりません)

皆様のご参加スタッフ一同心よりお待ちしております。
漁師さん、シェフ情報もいしのまきトラベルレストランHPにて随時アップしていきますので、皆様お楽しみに!!

【2014/08/11】

最新情報は公式HPを確認ください。

石巻まちの本棚の公式ホームページが完成しました。
最新のイベントや展示企画、過去の「あの人の本棚」のアーカイブなどご覧頂けます。
是非ともチェックしてください。

公式ホームページURL
http://bookishinomaki.com

スクリーンショット 2015-05-11 2.00.49 PM

【2014/07/05】

石巻 STAND UP WEEK 2014特設HPが開設いたしました。

みなさま、こんにちは!
「石巻 STAND UP WEEK 2014」特設HPが開設いたしました!

SUW2.0HP用.psd

7月25日から宮城県石巻市にて開催する石巻STAND UP WEEK2014。
STAND UP WEEKとは世界中からクリエイティブなアイデアと知恵を持ち寄り、
石巻の街を外へ開き、人と人をつなぎ、みんなを巻き込んで作るまちの見本市です。
いよいよ2014年度の開催内容が決定しました。

食の魅力が堪能できる石巻夕凪ダイニングや、石巻の自然を体験するポタリング牡鹿や
最新のプロジェクションマッピング、石巻のまちなかでまちの達人に職を教わる等、40を超える多彩なコンテンツがまちなかで繰り広げられます。
是非この機会に、今まで石巻を訪れたことがある人も、まだ訪れたことがない人も新しい石巻を体験して下さい。
石巻だけの、この夏にしか経験できない魅力がたくさん詰まっています。
皆様のご参加心よりお待ちしております。

特設HPにて随時プログラムの更新をしていきますので、皆様ご覧ください。

石巻 STAND UP WEEK2014特設HPはこちら

http://suw.ishinomaki2.com/

スクリーンショット 2014-07-06 0.38.06