ISHINOMAK2.0のウェブサイトは2016年4月1日にリニューアルしました。新しくなったサイトはこちら。

BLOG

【2013/11/25】

「いしのまきトラベルレストラン」ホームページが完成しました!

「いしのまきトラベルレストラン」のホームページが完成しました。

ここから石巻の魅力的なや生産者や地域資源を発信して行きます。
1日限定のレストラン「トラベルレストラン」の開催の際もここから告知していきます。

トラベルレストランを紹介するムービーも完成しました。

ご覧下さい。

【いしのまきトラベルレストランホームページ】
【2013/11/12】

ISHINOMAKI2.0が地域再生大賞候補50団体に選ばれました

chiikisaisei_nominate4_300

 

地域活性化に取り組む団体を支援しようと、全国の地方新聞社と共同通信社が設けた「第4回地域再生大賞」の第1次選考を通過した50団体が11月22日に出そろい、その中のひとつにISHINOMAKI2.0も選んでいただきました。

原則1都道府県1団体の選考で、ISHINOMAKI2.0が評価された点は以下のとおり。

「震災前よりも住んで楽しいと思えるまちづくり」を目指した中心市街地を活性化の各種イベントや被災地情報の発信、人材育成など、多面的なプロジェクトを展開、多くの市民を巻き込み、行動することを強く意識し、市民が主体的にまちづくりに関わっていく機会を演出している。(地域再生大賞HPより)

今後は現地審査などを経て、来年1月に大賞を含めた各賞が決まります。

大賞に選ばれても選ばれなくとも、今までもこれからも、かわらず胸を張って活動していけるよう、メンバー一堂より一層石巻のため活動にはげんでいきたいと思います!

 

↓  地域再生大賞HPリンク

http://www.47news.jp/localnews/chiikisaisei/taisho/2013/

 

【2013/11/11】

【いしのまき学校】高校生へのヒアリングをしました

1110日にいしのまき学校・高校生ゼミの準備段階として、高校生にヒアリングワークショップを開催しました。

今回は「まちの課題」と「自分たちがやりたいこと」についてワークショップを行い、

合計7人の高校生・中学生が集まりました。

今の石巻の学生たちが石巻に対してなにを求め、どうまちと関わり、今後どうしていきたいと思っているのかを話してもらい、

その上で今後いしのまき学校で学生が主体となって、どのようなことができるかをみんなで考える回となりました。

次回は12月15日に開催予定です。

R1062783

【2013/11/09】

石巻のおウチごはんとジビエ料理のレストラン「日和キッチン」が2013年度グットデザイン賞を受賞しました

ISHINOMAKI2.0の理事が運営する兄弟プロジェクト
石巻のおウチごはんとジビエ料理のレストラン「日和キッチン」が2013年度グットデザイン賞を受賞しました。

“よそもの目線で開拓する食文化/食から考える街づくり”という視点や手法、あたたかみのある店舗デザインが、これからの石巻の震災復興・地域活性を支える事業としてモデルになり得ると評価して頂きました。
まだまだスタートしたばかりの事業ですので、賞を励みに、これからも初心を忘れずに、石巻に長く根を張りたいと考えております。引き続きご愛顧頂ければ幸いです。

↓グットデザイン賞HPリンク
http://www.g-mark.org/award/describe/40405?token=WElOCSbFh1
↓日和キッチンHP
http://hiyori-kitchen.com/

日和キッチン外観写真

日和キッチン外観写真

 

 

【2013/11/06】

「建築家にならなかった建築家たち展」に展示されました!

 

東京都渋谷区の「EYE OF GYRE」にて、「建築家にならなかった建築家たち」をテーマとして

あたらしい建築のあり方を探して建築のちょっとだけ”外側”にいる人たちと、その作品を集めた、

新しい展示会が行われました。

 

一目みれば思わず目を奪われる、数々の「建築家にならなかった建築家たち」の作品の中に

ISHINOMAKI2.0の理事でありVOICE編集長・広告プロデューサー・アートバイヤー・編集者である

飯田昭雄の作品として、

石巻VOICEと石巻中央市街地のまちの模型が展示されました。

 

※以下は GYRE HPより抜粋

建築は進化してるでしょうか?ホントに面白いですか?可能性に満ちあふれてますか?

人をワクワクドキドキさせてますか?この先、”表現”としての建築はどこに向かうのでしょうか?
あたらしい建築のあり方を探して、建築のちょっとだけ”外側”にいる人たちと、その作品を集めました。今は、外側に居るけれど、近い将来、建築に内包されるかもしれないし、逆に、建築が、こうした”外側”に吸収されるのかもしれない。今日的な建築のあり方を、建築をやめた建築家たちが、テクノロジーやアートを使って”建築”します。

■場所:EYE OF GYRE

■会期:2013年10月23日(水)~11月4日(月)

■参加作家
齋藤精一:Rhizomatiks
中村勇吾:tha ltd.
志伯健太郎:GLIDER
吉里裕也:SPEAC, inc./東京R不動産
石畠吉一:いえつく編集長
飯田昭雄:ISHINOMAKI 2.0
武井良祐 (もんじゃ):SimWorker
伊藤達信:工芸ギャラリスト/スペース大原
千葉隆史 aka. FDFANTA汁CHILLSTASKI:アーティスト

 

ご来場いただき飯田の作品をご覧になった皆様、ありがとうございました。

URL:http://notbutarchi.tumblr.com/

gyre2